Rails appのRuboCopのconfigにはGitHub社で使われているものを使うとよさそう

RuboCopとは

RuboCopRuby向けのコードフォーマッターで、書いたコードがスタイルガイドに準拠しているかシュッとチェックできる。

github.com

-aでauto fixすることができてとても便利であるが、  結構うるさいのでconfigである.rubocop.ymlを調整しないと使いづらい。 

rubocop-github

自分でフォーマッターの出力結果を見ながら、どのコーディングルールをパスするか、ゆるくするかをconfigに書くのはとてもめんどくさい。 なにかいい.rubocop.ymlがないか探してみると、 GitHubが社内で使用しているRuboCopの設定ファイルを github/rubocop-github: Code style checking for GitHub Ruby repositoriesとして公開していた。

github.com

普通のRuboCopで使われているチェック項目をカスタムしているのに加え、 Rails向けのルール(rubocop-github/lib/rubocop/cop/github)が追加されていてとてもよさそう。

導入方法

gemをいれると設定ファイルが追加されるようになっている。

gem "rubocop-github"

gemをインストールすることで追加された設定ファイルを.rubocop.ymlに追加すると使えるようになる。

inherit_gem:
  rubocop-github:
    - config/default.yml
    - config/rails.yml

使い方

普通のRuboCopと同じくrubocopコマンドで使える。

$ rubocop

快適なRuboCopライフが送っていきましょう!!