読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

macのaviraでの例外ディレクトリの設定方法

その他

mac版のaviraでは残念なことに例外ディレクトリをGUIからは設定できない。
設定ファイルをいじってaviraをリスタートという2ステップで対処できた。

1 設定ファイルを書き換える

/Applications/Avira.app/Contents/config内のavguard.confとavscan.confに以下のように例外にしたいpath(ExcludePathかExcludePattern)を書き加えれば良い。

ExcludePath /foo/hoge
or
ExcludePattern ^/Users/[\.]([^/]*)/\1[.]hoge/

Users/user_name/downloads/hogeは危険性が高いのか設定できなかったので注意が必要。

2 aviraをリスタート

これには3通りの方法がある。
1. Terminalでsudo /Applications/Avira.app/Contents/guard/avguard.bin --restartを打ち込む
2. アクテビティモニタでavguard.binを選択し終了させる
f:id:TAKEmaru:20141017020851p:plain
3. macを再起動

これで例外ディレクトリが有効になった。

感想

Users/user_name/downloads/hogeを例外ディレクトリに出来なかったときはかなりテンパったが、他のディレクトリは設定できるようでよかった。
まあでも、やばいファイルを扱うときはVMを使う方がいいよね。